伸び放題だった草の根元

自分より背の高いカヤを食べる、ゆかりこ。

牛たちを放して2ヶ月。

暑い日差しにも負けず、数年間伸び放題だったカヤやチカラシバ等、背の高い草を食べ進めて放牧地をきれいにしてくれています。

草丈50cmほどのチカラシバ(右半分は牛が食べて草丈10cm程になりました)

背の高い草が短くなると、地面の大半を枯れ草が覆ってしまっていることがわかりました。

短くなったチカラシバの地面を見ると、半分は枯れ草で覆われていました。
(枯れ草の下は、ほとんど何も生えていません)

おそらく昨年より前に枯れたまま、腐らずに残ってしまっているようです。
これでは地面に光が当たらず、草の生える面積が減ってしまいます。

山地酪農では、背の低いノシバ等で放牧地全体を覆い、土が流れ出すのを防ぐ効果も持たせたいので、残っている枯れ草を燃やす作業を進めています。

枯れ草をまとめて火をつけると寄ってくる、たらちゃん。

牧場から煙が上がるのが見えることがありますが、山火事ではないので安心してくださいね。
(消防署や町役場、共和地区の方等には通知しています)

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *